<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

身近な図書館へ

d0051179_12564952.jpg

 図書館と聞いてどんなシーンを思い浮かべますか?

 私の場合は、夏休みの宿題、読書感想文です。近所の図書館に行って、本を選び急いで読んで感想文を仕上げたものでした。短時間で読める芥川龍之介の「鼻」なんて、助かりましたね。さっさと書き上げて帰ろうとすると、顔見知りの図書館員のお姉さんが「竹内くん、借りていかないの?」「うん、もうできたから」「あら〜、早いわねえ」の声を背に、いそいそ遊びに走ったものでした。

 図書館って、消極的に義務感のようなもので行った記憶はあるけれど、積極的に行くところじゃなくて、固くて暗いイメージがありました。

 先日、お酒を飲みながらテレビを見ていると、10時過ぎにこんなふうなコメントが流れてきました。

 「私たちはどこに向いているのか、という話ですよ。市民に向いてやっていく。それがよかったか悪かったかは、選挙のときに問えばいいんですよ」

 興奮気味に話すのは佐賀県武雄市市長。

 図書館の運営について、全国でCD・DVDレンタル店「TSUTAYA」約1400店を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブに指定管理者として委託、これまでに類を見ない図書館を来年4月からスタートさせる、という法案を市議会で説明している様子の一部でした。

 斬新!

 「地域の文化が向上しないと元気にならない。図書館を起爆剤に地方から文化を創っていきたい」

 思えば、電電公社がNTTになり、日本専売公社がJTになり、日本郵政公社がJPになり、民間へのシフトが続いている時代です。希望者には、ツタヤが実施しているTポイント制も取り入れ、一角で雑誌や文具の販売、カフェダイニングも併設。開館時間も午前9時から午後9時まで、年間無休。

 これでサラリーマンの図書館利用も増えることでしょう。いいことずくめだと思うのですが、民間に委託すると個人情報が漏れるかもと反対してる人たちもいるとか。

 漏れるときは民間だろうがどこだろうが漏れる例をいくつも見て来た身としては説得力に欠けます。

 ネット時代の図書館の役割を考えれば、その場でこそ存在価値のあるブックランド、本を媒介にしたコミュニティスペースがこれからの図書館の役割では。ひょっとして反対する人は、ツタヤ、TSUTAYAの表記が軽々しいのが不満なのかも。でも、もはや図書館という響きもどうなの? 大使館じゃないんだから。

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」
 毎日新聞
 2005年5月以前の記事

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2012-06-22 12:57 | 社会

米は日本人の故郷

d0051179_12542061.jpg


 米は大事です。日本人の心の故郷です。

 子供の頃、母親代わりだった叔母が、窯で炊いた米のうまかったこと。

 まきをくべて火吹き竹で火をおこし……。こんなことを書いても若い方々にはなんのことやらでしょうが、初めチョロチョロ、中パッパで炊き上げた米を、いったんおひつに入れ、ふきんをかけておいておく。ちゃぶ台にみなの顔がそろい、叔母が茶わんに御飯をよそう瞬間、ふわあっと湯気が上がり、その向こうには「どうだ! 私が炊いたのよ」という、今で言うどや顔の叔母がいました。心の中であっぱれ!と叫んでいたものでした。

 今では、スイッチ一つでおこげができる炊飯器まであるというからなんという時代の変化。

 炊く方が変われば、炊かれる方も変わりました。

 先週、米沢市と山形市の2カ所で落語会を終えたのですが、旅館で出た朝食の米があまりにうまくて3杯もおかわりしました。聞くと「つや姫」という山形の米の品種だそうです。

 米にはうるさい富山生まれの私がうなるほどのうまさ。

 飯に尊敬語の「御」をつけ「御飯」とつけたくなった昔の人の気持ちがよくわかりました。

 単なる「食事」じゃなく「御飯」なんです。

「つや姫」が生まれた背景には、全国的に「コシヒカリ」の作付けが拡大したため、「はえぬき」生産者がさらにおいしい米をと改良に改良を重ねた努力があります。育成期間を短縮するためハウス内で冬期間も栽培、苗を1本ずつ植え、病気に強いか、収穫量は多いか、毎日観察しながら選別され、10年という歳月の末に誕生しました。

 平成20年産、21年産ともに「粒がそろっている」「つやがある」「甘みがある」「うまみがある」などのコメントとともに最高ランク「特A」の評価を得ています。うま味成分のグルタミン酸やアスパラギン酸がコシヒカリより多く含まれているとかで、冷めてもおいしい米となりました。おいしいことはいいことだ。が、ここに私にとってはまずいことが起こりました。煙草をやめてから、食事がすすみすぎて、8キロ太ってしまいました。

 せっかく食べ物の味がわかるようになったと思ったら、ほどほどのお付き合いしか許されない。世の中はうまくいかないものです。

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」
 毎日新聞
 2005年5月以前の記事

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2012-06-15 12:56 | 社会

アマチュアゴルフ

d0051179_12513030.jpg


 このコラム、調べたらもう16年続いていました。この期間に、体験したいろんなことを書いて来ましたが、始めたころには興味がなかったのに、今はすっかり生活の一部になり、続いてる趣味があります。

 50歳くらいから真剣に取り組み始めたので、もう8年になります。

 それはゴルフ。

 会う人ごとにすすめて、今では私のまわりはゴルフ仲間だらけになりました。

 何度やっても飽きず、なんでこんなに面白いのか、考えてみました。

 どんなに、前の晩、打ち上げで遅くなろうが、早朝に目覚め、1時間以上もかけていそいそと出かけます。そこそこ高い料金を支払い、日によっては残念な結果にほぞをかみ、ストレスをためこんで帰ります。

 なのに、またお誘いがあればのこのこ出かけ、お誘いがなければ自分から人を誘って意気揚々と出かけます。

 なんで飽きないんだろうと考えてみました。

 大きなポイントは、簡単リセットスポーツだからじゃないか、ということです。

 1ホール終われば「ああ、よかった」「なんだ、このざまは」とつぶやき、次のホールでは「今度こそ」と気持ちを新たにして向かいます。

 前半の9ホールが終われば、昼食の時間。

 「前半はよくなかったけど、後半こそはみてろよ」とひそかに誓い、後半9ホールへ。で、18ホールをすべて終え、結果、がく然とするスコアだったとしても、「よーし、来週こそはこんなもんじゃないぞ」と、気持ちをゼロにして闘志を燃やします。

 もちろんこれはアマチュアに限って言える話で、プロはそうはいきません。

 常に悪かった原因を分析し、徹底的に弱点を克服するべく厳しい練習が待っています。

 このアマチュアゴルフの感覚、なんかに似てると思ったら、先日の内閣改造でした。

 問責決議が出てやむを得ずの改造。感想は「へー、そーなんだー」。

 何度もリセットするものの、なにも変わらない。そうか、してみれば、今の内閣はアマチュア集団なのか。そう思えばわかりやすい。だから、さして、人選に怒る人も、もの申す人も出て来ない。アマチュアだから言ってもしょうがないしね、言うだけエネルギーが損するしね、と。

 こういうふうにしてしまった私ら、さあ、次回は何党に任せたら、なにがどうなる?

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」
 毎日新聞
 2005年5月以前の記事

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2012-06-08 12:58 | 社会

ツタンカーメン展

d0051179_12122337.jpg


 全国あちらこちらへ出かける仕事なので「いいなあ、志の輔、お前は。日本中に行けて毎日が旅行みたいなもんだろ」とよく言われるのですが、昭和の時代ならいざ知らず、私に言わせれば交通機関の発達し過ぎた時代、たいがいはすぐに翌日の場所への移動だったり、日帰りだったりで、記憶に残るのは落語会の会場だったホールの印象だけという実態。便利時代の表裏です。

 ところが、先週末は大阪城近くの森ノ宮ホールで4日間連続公演だったおかげで、打ち上げを兼ねて大阪のうまいもんを毎晩いただき、たしかに「大阪は食い倒れの街」だと、あらためて実感。

 あと一つ、東京の皆様より一足お先に体験できた素敵なこと、それは「ツタンカーメン展」です。

 大阪天保山特設ギャラリーは超満員。

 黄金と少年王の真実。

 3300年前の、すべて本物の展示品たち。若くして亡くなった悲運の王、存在すら知られず、が、それゆえに盗掘にもあわず、完全な状態で発見され、世界にセンセーションを巻き起こした少年王。生きた年数、在位期間の短さに比べて、それがゆえに、悠久のときを経て、たくさんの人々の目に触れ、どの王よりも多大な影響を世界中に与えた少年王。肉体が滅びても次の世で生きることを当然のように信じていた人たちが、手助けになるようにひつぎに入れた品々の見事なこと。

 そこから匂いたつのは、品物の価値よりも、来世を信じていた精神です。そのエネルギーが現世で生きる私たちを圧倒するのだと思います。

 実は私は8年ほど前にエジプト旅行をした際にすでに現地でこれらを見ているのです。

 でもあわただしくスケジュールをこなす感覚で正面からツタンカーメンと向き合っていなかったのでしょう。

 今度の感動は、さまざまな体験をし、振り返り、もの思う年齢になったことも関係しているでしょう。出会うべくして出会った再会でした。

 それにしても、一緒に回った大阪の友人がぼやくように言った一言に笑いました。

 「ひとつひとつに値段つけといてくれたら、もっとありがたみがわかるんやけどなあ」

 この原稿を書いてる最中に、入場者数が60万人を超え、会期が7月16日までに延長されたことを知りました。

 その後、いざ、東京へ。

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」
 毎日新聞
 2005年5月以前の記事

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2012-06-01 12:16 | 体験


立川志の輔のエッセイ(毎週金曜日毎日新聞に掲載)


by woody-goody

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

社会
列島各地
体験
政治
芸能
休載

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧