<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

姫路城の天守閣修復中

d0051179_17175552.jpg

 先日帰国したベトナム、シンガポール、バンコク三カ国公演11日間の報告はまた後日として、パルコ一カ月公演終了直後に出かけた、修復工事中の姫路城見学の報告を。

 15年前ほど前から続けている、春風亭昇太さんとの「世界遺産 ぶらり二人旅」第二弾。と言ってもテレビ番組企画でもなんでもなく、ただただぶらりと行く旅です。それも今回は一泊一日半の強行旅。

 「この機会を逃すと次は百年後になるよ」と、添付写真付きで送られてきたなんともおおげさな昇太さんからのお誘いメールとあれば、行かないわけにはいきません。

 写真には、世界遺産に指定された姫路城の「屋根の瓦葺き」の様子が写っていました。

 平成5年12月に奈良の法隆寺とともに日本で初めて世界文化遺産に指定された姫路城。

 その大天守閣保存修理工事は平成21年10月から始まり、工事は5年ほど続くそうです。

 この間、天守閣のそばにできた展望ビル「天空の白鷺」のエレベーターで天守閣と同じ高さにまでのぼり、修復ぶりを目の当たりにできるというわけです。

 今しかない、これを逃したら百年後。

 互いのスケジュールをあわせ、早朝新幹線に乗り込みました。姫路駅に着いてまずはホテルにチェックイン。フロントで「姫路城までどれぐらいあるんでしょうか?」と尋ねると、「近いことは近いんですが、お客様、あいにく姫路城は改修工事中でございまして」とすまなさそうな返事が返って来ました。とんでもない、こちらはその工事中こそを見に来たのに。

 今まででなんと50万人以上が天守閣の修復工事を見に来たというのに、残念なことにこの魅力はホテルフロントにまでは伝わっていなかったようです。

 結論から言うと、素晴らしかった。高所恐怖症の私ですら苦にならないほどの感動。この後、2時間ほど歩いて見て回った、通称白鷺城とも呼ばれる美しさにほれぼれ、すっかりタイムスリップしました。さらに城下町には多くの酒蔵があり、「灘菊酒造」見学と食事に感激、「夢乃蕎麦」というお店の生姜汁でいただく「姫路おでん」と蕎麦のおいしかったこと。

 みなさん、行くなら今ですよ、工事中だからこそ見られる姫路城大天守閣。しかもこれからは日本さくら名所100選に選ばれた桜も一緒に楽しめますしね。


**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」
 毎日新聞
 2005年5月以前の記事

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2012-02-24 17:18 | 列島各地

幻のふみカード

d0051179_14161221.jpg

 カード時代です。

 お財布の中に、いったい何枚のカードがあるでしょう。

 金融関係、交通関係、病院関係、飲食関係、娯楽関係……、カードは現金の代わりになったり、自分を証明するもの、すなわち自分の代わりであったり、なくてはならないものになりました。

 せっせとポイントをためて、ささやかに得した気分を味わったり。

 けれど、便利の裏には不便もあるもので、このカード類をきちんと管理するのも容易なことではありません。

 期限付きのポイントを常時すべて把握してる人なんていないんじゃないかな。

 また、カードをどこかに置き忘れたり落としたりすると再発行の手続きがきわめて面倒なものもあります。パスワードも覚えてなくちゃいけないし。

 管理能力が問われます。

 先日、あれこれ整理していたら、驚愕(きょうがく)する事実に遭遇しました。

 引き出しから何十枚もの「ふみカード」が出て来たので換金しようとしたら、すでにこのカードは使えなくなっていたのでした。

 がーん。

 いっとき、はがきや切手が買えるのでプレゼントにも便利と鳴り物入りで郵政省が発行した磁気式プリペイドカード。

 ギャラをこのふみカードでもらってたんですね。

 気付いたら、2003年に発売が中止され、2006年9月には利用の停止、去年9月には払い戻しも終了になっていたのです。

 がーん、がーん。

 これって、お金を落としたのと同じこと。

 気がつかないって恐ろしい。

 自分ではニュースにそこそこのアンテナを張っているつもりでしたが、ふみカードがまさかなかったことになるなんて、寝耳に水という感じです。

 停止になったこともショックでしたが、そのことにずっと気付かずにいた自分にもショックです。

 ということは、ひょっとして私の知らない間に、なにかが始まったり停止になったりということがたくさんあるんじゃないかと戦々恐々。

 カードを一つ一つ確認しとかないと。

 テレカはまだ大丈夫だよね?

 なんかあったら教えてね。

 きっと、いま、このコラムを読んで「ええっ!」と驚いてる方がきっといるはず。え? いない? 私だけ?


**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」
 毎日新聞
 2005年5月以前の記事

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2012-02-10 14:16 | 社会

渋谷、タイ、気仙沼

d0051179_1321061.jpg
 
 ふと気付くと、落語家生活30周年の節目を迎えたこの年、記念すべきパルコ公演もあと3回を残すのみとなりました。

 あと3回しかないのか、と一抹のさみしさ。

 このままいければ、膝痛には苦しみましたが、風邪もひかず、煙草をやめたために喉も快調、休演することもなく完走、無事に千秋楽を迎えられそうです。

 お客様、スタッフさん、そして持ちこたえてくれた自分の体に感謝感謝です。

 これが終われば、ベトナム、シンガポール、タイと3カ国に在住の日本人のみなさんに落語を届けに行くという恒例のもはや年中行事と化した旅、5年目に入ります。

 東南アジアへは羽田から出発、便数も増加し、ちょっとした日帰り感覚です。

 そして、以前、このコラムでも少しお知らせした糸井重里さん企画「志の輔らくご」を気仙沼市民会館で3月25日に行うことが決まりました。

 企画意図を糸井さんはこう話します。

 「この会は、慰問ではありません。全国の落語ファンに、チケット代や旅費、宿泊費を払っていただき、気仙沼に足を運んでもらうイベントなんです。慰問も大事です。でも被災者の方々と話すうちに、震災以降、何かをしてもらう立場だった被災者の方々に、スタッフとして人を迎え入れる楽しさを味わってほしい。そんなサポートがしたいと思ったんです」

 きっかけは、昨年10月に気仙沼市長と糸井さんが面会したときに知った「さんま祭り」でした。

 今では秋になると必ず流れる目黒の「さんま祭り」のニュース映像。ぼうぼうと煙の中で焼かれるさんまは気仙沼から無料で提供されていることを知った糸井さん、この祭りの実行委員会の手伝いができればと思いついたそうです。

 全国から集まった人々に気仙沼にお金を落としてもらえたらな、ということなのです。

 声をかけていただいてこの企画に即座に賛同した私は、今まで何度かやらせていただいた被災地慰問落語会の形ではない、また新たな気持ちの落語会が開けそうです。

 年度替わりの忙しい時期ではございますが、どうか多くの方の御参加をお待ちしています。


**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」
 毎日新聞
 2005年5月以前の記事

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2012-02-03 13:25 | 社会


立川志の輔のエッセイ(毎週金曜日毎日新聞に掲載)


by woody-goody

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

カテゴリ

社会
列島各地
体験
政治
芸能
休載

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧