<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

忘れられない一年

 今年最後のピーピング。1年御愛読いただきありがとうございました。

 年末になると、舞台でも言い、コラムでも書いていますが、年々、時が過ぎるのが速くなります。

 速く感じられるのは充実してた証拠、幸せなんだと言われますが、そうなんでしょうか。

 そう言えば、2時間の独演会が終了して、知り合いが楽屋を訪ねて来てくれた際に「時を忘れてあっと言う間の時間だったよ」と言われるとかなり嬉しいから、やはりいいことなんでしょうか。

 小学校の15分の休み時間は2,3分に、50分の授業は3時間に思えましたものね。

 この考えを推し進めてみると、年々充実度が増しているということになりますが、いやはや、毎年、多くの後悔と反省で過ぎる12月なのです。

 12カ月、365日、8760時間、52万56000分、3153万6000秒!

 例年のことと思いながら、でも、今年は明らかに違う。

 大きな被災に胸がつぶれ、連続して耳にするニュースに気持ちもふさぎ、時間を止めたくなりました。

 命、地震、津波、原発、電気、経済、ただただ不安を駆り立てられ、どうしようもない無力感に襲われ、ひしゃげる心と体。

 そんな中、大きな力を与えてくれたのは、被災地での落語会でした。集まって笑ってくれた人たちの笑顔にどんなに勇気づけられたことか。そこに今度は、我が師匠談志の訃報。これ以上ないショック。

 いつもとは違う、時が速く過ぎた原因の数々をたどってみると、決して時が速いのは幸せとも言えないよなあ、と。

 幸せというより、無常観。

 今年も何回かの忘年会があるでしょうが、忘れたいこと、忘れちゃいけないことをしっかり分けなければ。

 もっとも、忘れようとしても忘れられないことが多いけれど。

 先日、糸井重里さんと会ったら、気仙沼に事務所を設け、来年設立する復興プロジェクトへの参加を呼びかけられました。

 もちろんできる限りの協力を約束しました。

 私も来年は落語家生活30周年。いろんな人への恩返しも含めて、喋りますよ!


**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」
 毎日新聞
 2005年5月以前の記事

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2011-12-16 12:19 | 社会

師匠の談ディズム

d0051179_133153.jpg

 もう28年前のことになります。師匠談志に入門して1年経ったある日のことでした。

 練馬にある師匠の自宅で、ともに前座修行をしていた兄弟子が突然「俺、落語家やめるわ」と言い出しました。 

 その場にいたまだ20代だった私と他の前座3人は唖然。確かに、その兄弟子の前座修行は身が入っていないように見えましたが、喋りにセンスがあったので、いま辞めるのはもったいないんじゃないかという声も出ました。

 しかし、兄弟子の決心は固く、これから談志にそのことを告げる覚悟だと言います。しかも「師匠談志のところを辞めて、たけし師匠のところに行こうと思ってるんだ」

 たけしとはもちろんビートたけし、北野武さんのことです。

 これも師匠に話すと言うので、ただ辞めるでいいんじゃないか、どうしてわざわざよそへ行きたいと告げねばならぬのか、と全員で止めたが「だって、その方が行きやすいから」というなんだかよくわからない答え。

 兄弟子が師匠談志のいる書斎へ向う。

 私たち前座4人は、漫画のヒトコマのように隣の部屋のドアの隙間(すきま)から顔を並べてドキドキしながら事態を見守った。

 机に向かって原稿を書く師匠。

 机越しに正座した兄弟子。

 「師匠、辞めようと思うのですが」

 「辞めたいのか。辞めてどうするんだ?」

 「はい、たけし師匠のところに行こうと思います」

 「たけしの弟子になりたいってのか?」

 書斎の空気が凍り付いた。

 師匠の椅子の後ろには大きな書棚が並び、本と一緒に並ぶ高級な洋酒。

 後ろ手にその中の1本、オールドパーの瓶の首根っこを右手で握ってさかさまに持ったのを目撃したときは、あ、兄弟子は殴られるんだ! と覚悟した。

 と、師匠は机の上にあった名刺をセロテープでボトルの正面に貼り付けて言った。

 「これを持ってたけしのところに行きな。これをもらったらお前の申し出を断れないだろうから」

 事態をうかがっていた私ら前座全員は崩れ落ちた。

 その後、言われた通り洋酒を持ってたけし師匠に入門した兄弟子は大活躍。ただしもらった芸名がフンコロガシ。が、談志の許しを得て芸名だけは元のダンカンを名乗った。


**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」
 毎日新聞
 2005年5月以前の記事

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2011-12-09 13:05 | 芸能

師匠談志からの洗礼

d0051179_13113698.jpg

 まったく実感のないまま、亡き師匠について取材を受けている自分が不思議です。

 いつ突然、「ああ、来てくれ」と電話がかかってこないともかぎらない、と待機してるような毎日です。

 弟子入りしなければ決して体験できなかった、天才との思い出、まずはエピソード1。

 あれは、入門して3カ月した頃、師匠談志を助手席に乗せて運転していました。「急いでくれ」と言われた私は思いっきりアクセルを踏み込みました。予想通り、後ろからやってきた覆面パトカーのスピーカーから「前の車、側道に止まりなさい」。

 で、停車。

 「師匠、すいません。スピード違反してしまいました」

 「わかった。明日、俺がなんとかしてやる」

 どうするんだろ?

 翌日、師匠が言いました。「知り合いの偉い国会議員がいる。元防衛庁長官だ。それに頼んで、その違反だかなんだか知らないが、元にもどしてもらうから心配するな」

 師匠の案内する所まで行くと「ここがその議員の事務所だ。お前の免許証と違反の切符を持ってこいってことだから」。私からそれらを持って建物の中に消えていきました。1時間後、出てきた師匠は「大丈夫だ、処理してもらったから」。

 ところが2週間後、「免停の通知書」がしっかり届きました。

 師匠に「すいません、警察から免許停止の案内が来ましたので、師匠の送り迎えにちょっと差し支えが出ますので」。

 「じゃあなにか、処理されてなかったのか?」「そういうことになります」「冗談じゃない、電話してやる」とその場で元防衛庁長官の事務所に電話。「ああ、談志ですが、ああ、秘書君かい、あの例の弟子のスピード違反の件だけど処理してくれたんだよね。ん、ん、ん、ん」

 あまりよくわかっていない師匠に、罰金は払ったものの点数を引かれるのが困ると告げると「点数を元にもどしてやってくれ。頼むよ。えっ? できない? なんで? コンピュータに入っちゃったからだめだ? そこをなんとかしてくれよ」

 最後に吐き捨てるように放った言葉がすごかった。

 「議員が帰ったら言っておけ。元防衛庁長官が、スピード違反ひとつもみ消せなくて、国が守れるか」

 師匠の前で思わず私は声をあげて笑ってしまいました。

 入門して私が受けた「天才からの洗礼」一つ目でありました。


**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」
 毎日新聞
 2005年5月以前の記事

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2011-12-02 13:11 | 芸能


立川志の輔のエッセイ(毎週金曜日毎日新聞に掲載)


by woody-goody

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

社会
列島各地
体験
政治
芸能
休載

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧