<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シール付き絵馬

d0051179_6135522.jpg


 今年のパルコ公演も無事に終了いたしました。おかげさまで、1万1000人のお客様に初笑いをしていただき、心の底から感謝感謝のーカ月でございました。

 アンケートの多くに、暗いニュースばかりが蔓延する時代、せめて笑ってでもいないと、の意見の多かったこと、この公演、今年で4年目になったわけですが、いまごろになって気がついたことがあります。

 このところ、なんか一年が短いような気がしていたのは、歳のせいぱかりではなく、パルコで過ごす1月はなんとなく1年の中に入っていないからなのではないか。

 さらに、この公演のために要する準備の時間も引くと、実際には1年を11カ月で過ごしているんじゃないか。道理で一年を短く感じるわけです。

 しかし、演目は同じでも、日々起こるニュースでマクラに困ることはなく、新鮮な気持ちで毎日を過ごせました。

 やれ「朝青龍」「成人式のもめごと」「定額給付金」「ハドソン川の奇跡の着陸」「消費税」「オバマ新大統領」「種子島ロケット成功」「カツオ節の偽装」などなどの話題で、マクラを作るのが楽しみでした。

 そんな中、一番、お客さんの共感を得たのが、神社の絵馬に、個人情報を隠すシールを張る風潮についてのマクラでした。

 願い事と言えば、個人情報の最たるものでしょうが、人に見られるのが厭なら書かなきゃいいじゃん、吊るさなきゃいいじゃん、仮名で書いときゃいいじゃん、嘘を書いときゃいいじゃん、あ、それなら意味ないか。

 縁結びの神杜に吊るす絵馬だから、大切な人の名前を嘘の名前にしたら御利益がないかも、でも神様には恋仲を成就させてほしい、という乙女心の切ない思いを隠すために、無粋な個人情報保護シール。

 神様もさぞや驚いていることでしょう。

 お願いごとという抽象が、具体的な形をとるとこうならざるをえないのか。

 ひょっとしたら今年の七タは、短冊にも保護シールを張る事になるんじゃない?

 笹も重くて大変だ。

 ネットで広がる人と人の関係を見てみれぱ、たしかに住所も名前も具体的なものはなくなりつつある時代、バーチャルですむ時代の兆しが、このシールつき絵馬に表現されているのでしょうか。

 現代を突いた誰かのアートだったら、すこく納得できるんだけど。

 どうにも、過ぎたるはなお及ばざるがことし、という諺が頭から離れないんですがねえ。

**********************************************

公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(オフィスほたるいか)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2009-01-30 06:14 | 社会

富山もチェンジ?

d0051179_640770.jpg

まさに「ヨッ、大統領!」と声をかけたいくらい、オバマ新大統領に期待を寄せる人がいかに多いか、全米から集まった200万人の観衆には度肝を抜かれました。

 テレビ局の友人が教えてくれたところによると、真夜中の放送にもかかわらず、視聴率が関東全体で10.2%、日本政府の支持率よりも高いんじゃない?と言ってました。

 オバマの姿は見えなくても、あの現場に行かずにはおれなかった人々のエネルギーに、久しぶりにアメリカ合衆国のすごさを見て、ジーンとしました。

 さあ、これからアメリカはどう「チェンジ」していくのか、よその国のこととは言いながら、興奮気味にこの原稿に向かっているとき、故郷富山からジージーと1枚のファクスが流れてきました。

 えっ!!

 それは地元新聞の記事で、私の知り合いのアナウンサーがきたる選挙に向けて、ある党から出馬を要請されていたというのです。

 オバマとアメリカにも驚いたけど、こく身近な人の意外なニュースに、もっと驚きました。

 いまは、要請を受けた段段階で、本人はまだ意志を固めてはいないとのこと。

 彼は富山の人気アナウンサーで私と年もそう違わず、仕事も何度となく一緒にしていて知った仲。ユーモアのセンスもあり、富山の放送界にあって大きな柱になっている彼に、人生の「チェンジ」のタイミングが来ていたとは。

 今までにも多くの知り合いが政治の道に進みましたが、知らない間に私の知らないたくさんの要素を持っていたんだなあ、と思いにふけりました。

 国にとってのチェンジ、人にとってのチェンジ、それこそいくつもの要素が重なり合い絡み合い、大きなチェンジがやってくる。

 気がつけば、自分たちの世代が国をなんとかしないと、という歳になっていたのです。

 もう、人任せにしている場合じゃない、一人一人が意を強くして動いていかたいといけない時代になったのだ、とオバマさんに言われるより、友人の彼からも教わったような気がしました。

 オバマもいいけどトヤマもね、なんて言ってる場合か。

 それにしても、マイナス5度というあの寒さ、就任式に集まった群衆、1人もマスクしてなかったなあ、大丈夫なんだろうか、と風邪っぴきの私はよけいな心配で精一杯でした。

**********************************************

公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(オフィスほたるいか)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2009-01-23 06:40 | 社会

ビッグイシューと弟子

d0051179_5481965.jpg

 人は興味のないことをやっても身につかないし病気になるだけ、なにはともあれ、自分が好きな事をみつけるのが大事、とはよく言われることですが、成人の日の毎日新聞「余録」で知った雑誌「ザ・ビツグイシュー日本版」を弟子に頼んで手に入れたときのことです。

 この雑誌はホームレスの仕事をつくり、自立を支援する目的で作られていて、もともとは英国ロンドンで始まった事業だそうです。

 1冊300円で駅前や路上で対面販売されている40冊ほどの小冊子には、さまざまなジャンルの読み物があり、飽きないのですが、中でも、ホームレス体験者がお悩みに答える「ホームレス人生相談」は、実に優しくあったかい答えで、ついほほえんでしまいます。

 経験者は語る、は強い。

 パルコ公演の楽屋へ、雑誌を手に現れた弟子は喜々として話し出しました。

 「師匠、買ってまいりました。渋谷の宮益坂交差点でみつけました。この人と話をしたのですが、この本を販売してー年半ほどになるそうです。ホームレスになった原因は、うつ病で失職してしまったことだそうでして、今はリハビリも兼ねて、この雑誌の販売をしているそうです。あのー、とてもホームレスというイメージの服装ではこざいません、わりと普通の服装でございまして、今はネットカフェで寝泊まりしてるんだそうです。1日だいたい25冊から30冊程度の売り上げだそうですが、この雑誌の売り上げだけで生活をしているそうです。ネットカフェ利用代金とか食費とか次の日用の雑誌の仕入れ費とか晩酌のお酒などだそうです。この人の話では、この雑誌の販売は向き不向きがありまして、だいたいの人が3日ほどでやめていくそうです。

 最初の販売者登録時に10冊ただでもらえるのですが、それも売り切らずにやめていく人もいるそうです。それでも、、この方は……」

 よほど、その人と話せたことが嬉しかったのか、しゃべり続ける弟子。

 私は、雑誌が手に入った嬉しさ以上に、息せき切ってしゃべる弟子の方が面白くって。

 意外と世間との接点が少なく、落語のことばかり考える修業時代に、社会の現状を目の当たりにし、私に報告したい熱い思いが彼を饒舌にしたのでしょう。

 落語もこの勢いでしゃべれぱ、もっと面白くなるのに。

 そういえぱ、私も20年以上前、朝のニュース番組のリポーターをしたおかげで、社会の現場に触れ、どんなに落語に役立ったことか……。

**********************************************

公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(オフィスほたるいか)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2009-01-16 05:28 | 社会


立川志の輔のエッセイ(毎週金曜日毎日新聞に掲載)


by woody-goody

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

社会
列島各地
体験
政治
芸能
休載

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧