<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

休載

今週は休載です。

毎日新聞

2005年5月以前のバックナンバーはこちらから
[PR]
by woody-goody | 2006-11-24 06:30 | 休載

ああ、しみる…


 殺伐としたニュースばかりで気がめいりますが、そんな中に明るい話題をみつけました。

 24年間にわたって、毎月1000円に手紙をつけて栃木県鹿沼市社会福祉協議会に差出人不明で送り続けていた人の名前が判明。

 この小林美恵子さん(74)、理髪店を改築したときの喜びから、社会に恩返しをと夫にも内緒で毎月わずかながらも寄付をしていたのですが、1年後からは夫にも知らせ二人三脚で続けていました。

 99年に跡継ぎの長男を白血病で失い、昨年には夫が手足の神経障害で入院、四代続いた老舗の理髪店を閉店せざるをえなくなり、収入が絶え、寄付を続けることが困難になり、でも300回まであと22回。

 22回続ける自信はなく、全納を決めました。それには名乗り出るしかなかったわけですが、事務局からもらった300回分の預託証には夫、秀雄さんの名前も記してもらい、「やってきたのはお前だろ」と、照れながらも喜んでくれたという新聞記事。いい話だなあ、と心がぽっとあたたまり、毎年定例の沖縄公演のため、那覇空港へ。そして、10年以上通ってる4階のうどんや「たぬき」へ。

 食べ終わると、おかみさんが「もらってもらいたいものがあるんだけど」と、一冊の本を差し出しました。

 それは、「四国八十八カ所霊場納経帳」。

 これは、私も行ったことがあるのでわかるのですが、お遍路の際に、ひとつひとつお寺さんにお参りし般若心経を唱えたあとに、納経所で1ページことに筆と判で書かれる証書のようなものなのです。

 これが88ページにびっしり。


 「先月ーカ月かけてまわってきたのだけれど、せっかく行ったのだから誰かの分も書いてもらおうと思ったら志の輔さんの顔が浮かんできて……。これからも元気で落語をやって、いままでどおりたくさんの人を喜ばせてもらいたいなと思って」

 1番から11番までのお寺詣りしかしていなかった私は、八十八カ所まわる大変さを身をもって知っているので、他人の分まで書いてもらおうと思いつくおかみさんの気持ち、そのときに私の顔を思い浮かべてくれた驚きとうれしさでしばし呆然。

 ただおいしいから寄ってるうどんやさん、たまに落語会にきてくださるお客様という間柄にすぎないのに。

 自分のことで精いっぱいな時代に、他人を思いやれる人に会えた喜びをかみしめました。

 ああ、しみる……。
[PR]
by woody-goody | 2006-11-17 05:30 | 社会

竜巻のつめ跡

d0051179_6551530.jpg

 北海道佐呂間町の竜巻の被害は、驚くべきもので、紙面を借りてお見舞い申し上げます。

 毎週のように、全国あちらこちらへ落語をひっさげて出かけておりますが、よく言われるのは、各地のおいしいものを食べられて温泉なんかに入ったりして飲んで騒いで好きなことしゃべっていいですね、ってこと。

 ところが実態は、落語会会場に入るのは開演直前、その地に着くのも間際という感じで、結局ホテルや旅館に詳しくはなるけれどその地を肌で感じ取ることが少ないのが実情です。


 そこで、重要になるのが、送り迎えしてもらう車の中で地元の方から聞く情報です。

 先週は宮崎県延岡市に出向いたのですが、楽屋に届けられた寿司はたしかにおいしくいただきました。

 延岡と言えば魚がうまいとうわさ聞いていた噂がほんとだったことを確認しました。

 でも私が驚いたのは、魚よりも、9月に延岡を襲った竜巻のこと。

 北海道の竜巻ニュースを知る前のことですから、空港から会場へ向かうタクシーの助手席に座った地元の方が、右左と指さして教えてくれたのは、窓が一切なくなったホテルや、元は2階建てだったのに今は1階になってしまった民家や倒れた電柱。

 それらがすべて竜巻のせいだと知り、竜巻と言えばアメリカのだだっびろい平原で起こるものだとばかり思っていた私は、意外な事実にびっくり。

 日本で!宮崎で!

 幅200~300メートルの竜巻が通り過ぎた後は、まるで芝刈り機で芝を刈ったようにきっちり被害の有り無しが分かれる運、不運を目の当たりにした、とその人は言っていました。

 北海道の大きな被害が明らかになるにつれ、なんとか予測ができないものか、と今までより研究に熱が入りそうです。

 昔ならなかった、津波情報や花粉飛散情報に加えて、竜巻接近情報が天気予報に加わることになるでしょう。

 ここのところ、いじめニュースで、誰が悪い、かれが悪いと責任の所在を追及するごとばかりが続いていましたが、さすが、竜巻となると責任を追及しようもなく、画面で頭を下げてあやまる人の姿もありません。

 落語「天災」は、すべてのことを天がなす災いと思え、さすれば腹もたたない、とご隠居が長屋の乱暴者を諭す噺ですが、これは落語でのこと。現代社会はそうはいきません。なんとしてでも、この天災にも立ち向かって行くのです。

 気象が荒れるとテレビ画面の隅に現れる「津波の心配はありません」に、これからは「竜巻の心配はありません」が加わる日はそう遠くはないはずです。

毎日新聞
[PR]
by woody-goody | 2006-11-10 07:00 | 社会

高校生、勇気ある申告


羽田空港で自分の名前がアナウンスで呼ばれると、さすが恥ずかしいものですね。

いままさに飛行機に乗ろうとしたそのとき、「御搭乗の立川志の輔様、お近くの地上係員まで御連絡ください」

え、なにこと?!

それまで何百回と飛行機に乗っていますが、そんな経験は初めてでした。

カウンターへ行くと「立川様ですね、いま、お持ちしますので」

言われて通路の先を見ると、私のゴルフバッグを肩にかついだ若い女性の地上係員(!)が、その姿も勇ましく走ってくるではありませんか。

「お客さま、このバッグの中にライターが入っているのではないかと思われるのですが」

少々拍子抜けした私が探してみると確かに百円ライターが1個出てきました。

 「お客さまは、現在、ポケットに一つお持ちですか?」

 「はい」

 「ではこれは持ち込めませんが」

 機内に持ち込めるライターは1個という規定があるのです。

 「では、ここにいる弟子に1個持たせていいですか?」

 「それでしたらかまいませんが……」

 なんか変な具合だなあ、セキュリティを守るってことも大変ではあるけれど、と思いながら無事搭乗したことがありました。

 このときはおおごとにならずに済んだのですが、10月21日、関西空港で起こった事態は、その場に居合わせなかったからよかったようなものの、現場にいた人のイライラは想像しただけで頭がクラクラします。

 乗客約500人を乗せた全日空機が離陸に向けて誘導路を走行中、機内で放送された危険物持ち込み禁止の映像を見た修学旅行帰りの北海道立高校の生徒がクラッカーを所持していることを乗務員に申告。

 クラッカーはたしかに火薬です。同機は搭乗ゲートにもどりクラッカーを降ろし、20分後に再出発しようとしたところ、別の生徒からもクラッカーを所持している申告があった段階で、他の乗客にもすべて降りてもらって、生徒360人全員のパッグを再検査することに。

 結果、4人が持っていたことが判明。

 同機は約2時間遅れで離陸、この影響を受けた折り返し便札幌発大阪(伊丹)行きを関空に変更。

 正直な勇気ある高校生の申告とも言えましょうが、同じ飛行機に乗り合わせた方たちの感想はどうだったのでしょう。

 時間に遅れることへのいらだち、しかし、安全にまさるものはありません。

 そのときの葛藤……、ああ、想像するだけで、いや!
[PR]
by woody-goody | 2006-11-03 10:01 | 社会


立川志の輔のエッセイ(毎週金曜日毎日新聞に掲載)


by woody-goody

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

社会
列島各地
体験
政治
芸能
休載

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧