<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

不正免除とナンバー隠し


d0051179_61232.gif
 どこの世界にも知恵者はいるものだとつくづく感心?したのが、この二つの事件です。

 まずは、広島県の話題。自動車用品販売店に道路交通法違反(速度超過ほう助)容疑で捜査が入りました。

 何を販売していたのかというと、時速80㌔以上の高速で走ると、車の前部のナンバープレートが風圧で水平に傾きナンバーが見えなくなる仕組みのアイデア商品。スピード違反監視カメラの撮影から逃れるための部品なのですが、ほめられたことでは決してないのは承知の上で、よく考えついたなあとその発想に驚きました。

 さて、またまた感心?したのが、社会保険庁の年金納付不正免除事件。

 生活が苦しい人たちの年金を免除してあげる、っていいことをしてるんじゃない?と一瞬思い、しかし不正に免除ってどういうことだろう?とよくよく調べてみたら、想像していたのとはまるで違う方向からの不正なのでした。

 要するに、国民年金の収納率をあげたいがための行政の数字マジック。

 04年度には63.6%だった収納率を80年度には80%にあげたいという目標がまずあり、そのためにはどうすればいいかと考えた末、払う人を増やせばいいのだけれどそれがむずかしかったのでしょう、払うべき人を少なくすれば収納率の数字はアップし、担当事務所の実績が上がるということに気が付いた人がいたのでした。

 率というのは、分子割る分母ですから、分子の数字を大きくできないなら、分母の数字を小さくすればいいわけで、これは小学校でも習いました。

 そもそも保険料免除システムは、収入が少ない人が無年金になるのを防ぐ救済システムなのですが、これを悪用したわけです。

 免除された人から苦情がくるわけがないからわからないだろうというのもたいしたもの。

 これって、ナンバープレート隠し部品を販売した事件となにか似通ってません?

 でも、広島の方は、悪賢いやつがいた、で終わるのだけれど、社会保険庁の方は制度に関するものなので、どこかが不正をしたからそこを罰せれぱいいというものではないような気がします。

 年金システム制度をもっと考え直さなきゃいけないという根本問題を先送りして現場に無茶なことを要求しているのではないか。

 だから、単に数字をいじって成果をあげるという貧しい発想になってしまう。

 ナンバープレートの数字を隠す部品と、収納率を不正にUPさせるべく考えた人たちの頭の中の一部の部品は似通っている。

 落語家としては、もちろんナンバープレート事件の方が笑ってゆるせる落語になりやすいんですけどね。
[PR]
by woody-goody | 2006-05-26 06:05 | 社会

AV機器二年一昔

d0051179_5561756.gif

 街の電気屋さんがテレビの売り上げをのばしているそうです。

 値段だけなら量販店で購入する方が安く買えるのはわかっているのですが、いまの家電は複雑になりすぎました。

 設定の段階から、あまりのボタンの多さに頭がこんがらがってしまいます。

 先々、どんな問題が起こらないとも限らないので、近所の電気屋さんで購入して、自宅に設置してもらい、なんかあったら聞けばいい、という安心感を、値段より優先させる人が増えてきたというわけです。

 そりゃそうです。

 いくら値段が安くても、使えなきゃ意昧がない。

 特に、2011年6月で地上アナログ放送が終了し、地上デジタル放送が始まったとき、デジタルテレビを買うか、専用チューナーを取り付けるかの選択を迫られるわけですが、ま、テレビに関してはあと5年あるから、もうちょっと近くなったら考えればいいや、と思っていました。

 ところが、知らない間に、DVD録画の世界がどんどん変化していました。

 思えば、2年ほど前に、8ミリビデオデッキを購入しようとしても、卓上型はすでに製造廃止になっていて、それはショックを受けたものでした。

 先日、そのときを上回るショックを受けたのは、新しいDVD録画デッキを買ったときのことです。

 WOWOWで放送された自分の落語を、意気揚々と購入したばかりのデッキのHDDに録画して、それをDVDに移し、今までのDVDデッキで観ようとすると「このディスクは再生できません」の表示が出ました。

 録画の仕方がまずかったのか、HDDからDVDにうつすときになにかミスをやらかしたか、それとも新たに買った機器が運悪く不良品だったのか、はたまた今までのデッキが古くなって故障したのか、いや、DVDそのものに原因があるのか、気休めとは知りながら、デッキを叩いてみたり、コードを抜き差ししてみたり、取扱説明書を隅から隅まで読んでみたり、ついに万策尽きて、直接メーカーに電話しました。するといともあっさり「2004年以前に発売されたモデルは現行販売のモデルとは、デジタル放送を録画するDVDディスクの仕様が違います」という返事。

 ええ~!!

 なんでも、デジタル放送には映像に著作権保護がかかっており、その保護に関して年々改正がなされ、それに対応する録画メディアと録画方法、再生方法が変化しているとのこと。

 一口に新型と言っても、単なるバージョンアップではなく、別のものと考えないといけないらしい。

 結局、以前購入したデッキで録画したものは同じデッキで再生するしかないのです。

 地上波のアナログ放送に関してはどのデッキでも互換性はあるそうですが。

 ややこしい家電の日進月歩、二年一昔のこの時代、アフターケアーもしてくれる街の電気屋さんに期待します。
[PR]
by woody-goody | 2006-05-19 05:56 | 社会

曖昧だから楽しいUFO


 居酒屋で話題が尽きたときに便利なのが「おまえは、UFOや宇宙人っていると思う?」という質問。

 必ず「いるよ」と「いないに決まってるじゃん」というやつがいて、その理由を聞いても、確たる根拠はなにもないのが常です。

 かと言って、どちらが間違っているとも言い切れません。

 この愛すべき暖昧さが楽しいのだと思うのです。

 これが、「神はいるか」とか「死後の世界は?」ということなら、とたんに宗教観やその人の生き方が問われ、気まずい空気が漂います。

 あ、こんな話題に触れなきゃよかった、と後悔先に立たず。

 UFOにはなにかロマンチックな響きがありました。

 あのユーモアたっぷりな形、間抜けな感じがなんとも言えません。

 UFOがいるかどうかについて考えるとき、宇宙に思いをはせる私たち。

 でもなあ、もし宇宙人がいるとしたら、とっくに連絡してきてるような気がするしなあ、いや、ひょっとしてわれわれ人類よりもうんと高度な知能を持っているので、ややこしそうな地球なんか相手にしていないのかもしれない、もしくはわれわれが知っている宇宙の外側に、もう一回り大きな、なんと呼べばいいかわからない空間があるのかもしれない……・。

 ああ、こういうことを考えているとなんて楽しいのでしよう。

 こんな次元で考えているうちが一番いい。

 ところが、イギリスが4年間調査した結果、UFOは存在しないと結論づけました。

 なんでいまさら。

 イギリスと言えば、あの広大な畑に突如表れたミステリーサークルすら、イタズラ説やプラズマ説が飛び交い、いまだに異星人の仕業じゃないかと疑っている人もいるわけで。

 なのに、なんでUFOの存在をきっぱり否定するのでしょうか。

 ゲスの勘ぐりを許してもらえるならば、アメリカにおける頻繁なUFO確認情報を前提とした宇宙開発、軍需産業の振興に対して、「そんなことあるわけないじゃん」と言いたかっただけなんじゃないか、と思います。

 こうなってくると、UFOや宇宙にきなくさいにおいが漂ってきます。

 ロマンはどこへいった。

 そもそも人類が月に着陸したのだって、ほんとはオーストラリアあたりのスタジオから衛星中継してたらしい、と噂が飛び交ったものでした。

 このていどにしておきたいな。宇宙はそっとしておきましようよ。

 落語的オチをつけておきましょうか。

 実は、もうすでに宇宙人がイギリスをのっとっていて「世界に、おれたちは存存しないというメツセージを流せ」と脅されて、今回の発表になったというのは、どうでしょう?
[PR]
by woody-goody | 2006-05-12 06:03 | 社会

休載

今週は休載です。
[PR]
by woody-goody | 2006-05-05 16:24 | 休載


立川志の輔のエッセイ(毎週金曜日毎日新聞に掲載)


by woody-goody

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

社会
列島各地
体験
政治
芸能
休載

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧