映画「おくりびと」雑感

d0051179_645966.jpg


 「おくりびと」で、富山は田中耕一さんノーベル賞受賞以来の大騒ぎ。映画のきっかけになった「納棺夫日記」著者の青木新門さんと監督の滝田洋二郎さんが富山の方だからです。

 この映画で、私がすぐに思い出したのは、祖母と小遊三師匠。

 変だけど、私の頭の中ではつながるのです。

 幼いころ、祖母からよく言われたのは「町で霊枢車を見たら、親指を内側に隠さないと、親の死に目に会えないよ」。

 以来、向こうから霊枢車がやってくると、緊張しながら親指を隠したものでした。

 上京しても、一度身についた習慣は変わりませんでした。

 そんな学生のころ、寄席で小遊三師匠のまくらを聞きました。

 「町を歩いていて、霊枢車が通ると、親指を内側に折って隠さないと親の死に目に会えない、というから両手の親指を握ってたのよ。そのうち、親父が死んじゃったので、霊枢車が通ると、片手の親指を曲げるようになったのよ。その何年後かに、母親が死んじゃって、霊枢車を見たとき、親指を曲げようとして、ああ、そうか、両親ともいないからもういいんだ……思わず霊枢車にピースサインを送っちゃった」

 ほんとは淋しい事が、笑いに転化されて、客席は爆笑。

 これに少し似通っているかと思われたのが、富山でユニークな自動車をつくり続けている光岡自動車が発表した「おくりぐるま」。

 以前からオリジナルの霊枢車を手作りしていたのが、映画を見て、つらく悲しいだけの死のイメージから認識が変わり、尊厳と優しさをもって死者を運ぷための車をイメージしてデザインしたとのこと。

 一連のニュースを見ていて思ったのは、オスカー受賞もさりながら、なんと言っても秀逸なのは「おくりびと」というネーミングです。

 そうだ、告別式で私たちは、霊をおくるのだ。お盆には霊を迎えるのだ。あたりまえのことが思いおこされました。

 此岸から彼岸へ霊をおくる告別式。

 「おくる」という言葉が改めて、こちらとあちらは連綿とつながっているとイメージさせてくれます。

 世界がはっきり分断されているのではなく、形を変えてつながっている、そんな優しさが「おくりびと」という語感には宿っています。

 だから、光岡さんも「おくりぐるま」と名付けたくなったのでしょう。

 忌むべき死が、おくりおくられるという日常の言葉に変換されたおかげで、やわらかくなるのです。

 いつの日か、おくられるまで、みなおくりびと。

**********************************************

公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(オフィスほたるいか)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
by woody-goody | 2009-02-27 06:51 | 芸能


立川志の輔のエッセイ(毎週金曜日毎日新聞に掲載)


by woody-goody

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

社会
列島各地
体験
政治
芸能
休載

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧