ありがとうございました

 入学、卒業、転居、といろんな節目の春です。

 落語家という職業は入学があっても卒業はありません。入門を希望して「見習い」の段階から、落語家としての名前をもらって「前座」へ。師匠のそばで用をしながら芸に対する心構えを学び、「二つ目」になれば師匠を離れて自分の芸を確立すべく精進の日々を過ごし、最後は「真打ち」という身分で堂々と世間に自分を問うことになります。

 このたび最初の弟子、世に言う一番弟子立川志の吉が立川晴の輔と名前を変えて真打ちに昇進、この30日によみうりホールで披露興行を行う事になりました。

 17年前に入門してきた明るい青年が、落語家として一人前になる門出です。

 そして、その1年前に始まり18年間続いたのがこのコラム。40歳過ぎから始めて私も還暦を迎えました。

 思えば最初はワープロで原稿を打ちファクスで送っていました。メールも携帯電話もありませんでした。

 空港から、楽屋から、海外から、コンビニから、ホテルから、雨の日、晴れの日、曇りの日、一度も落とすことなくよく続けられたと、自分をほめてあげたい気分です。

 で、今年に入って週1回から月1回になり、もうお気づきのことと思いますが今回で最終回になります。

 世間を落語家の目で見たらどうなるか、落語には先人の知恵、普遍的なテーマがたくさん詰まっていることをご紹介できれば、と思って始めました。

 なんとなく伝統芸能だから現代と関係ないんじゃないかと思われがちな落語を今に引き寄せられないか、落語家である私の身辺雑記や思いを書くことにより落語に親近感を持ってもらえたら、の望みが少しはかなえられたでしょうか。

 ビビッドなニュースで埋まる新聞というメディアに掲載されるこのコラム。私自身も、この体験が生でしゃべる高座のマクラのネタにもなり役立ったことは言うまでもありません。

 「世情のあらで飯を食い」と言われる芸人であってみれば、このコラムが終わっても、常に世間を節穴からのぞいてみていこうと思います。

 今まで、ヒダリミギ、ヒダリミギ、と号令をかけながら一歩一歩、時によって歩幅や速度を変えながらも同じリズムで歩いてきたのですが、還暦を機に、いったん両足をそろえてみて、また新たな一歩を踏み出したくなったのです。

 ほんとうに長い間、ありがとうございました。

 またどこかでお会いしましょう。

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
# by woody-goody | 2014-03-28 13:21 | 社会

つくづく落語って芸能

d0051179_11571273.jpg

 思いっきり短い2月の終わりになりました。

 この2日に恒例パルコ1カ月公演を終え、これまた恒例になったシンガポールからタイのバンコクへ落語を届けにまいりました。

 しかも、今年はフィリピンのマニラ公演も加わるというハードスケジュールの綱渡り移動。

 どんだけ綱渡りだったかと言うと、シンガポール公演の翌日にバンコクへ移動して午後4時開演、6時終演後、スタッフの食事会もそこそこにバンコクの空港へ移動。夜11時過ぎのタイ航空でマニラに飛び、朝4時にマニラ空港に到着。昼まで仮眠、午後3時から落語会。

 とにかく無事に終えられて安堵(あんど)。

 幸運な綱渡りでした。

 今週は、こちらも恒例、今年で11年目になる「全国学生落語選手権」が岐阜市で行われ、学生らしい新鮮な8高座を聴かせてもらいました。

 結果、岐阜大の女子大生が優勝しました。

 演目は、やきもちを焼くふたりの女性の間で右往左往する男を描いた『悋気(りんき)の独楽(こま)』だったのですが、女性のかわいらしさがとてもよく出ていました。

 いまさらですが、つくづく落語は演者の人間性が出るのだなあ、と感じ入りました。

 この翌日が、これまた恒例の「文枝・志の輔二人会」。終演が9時半。後片付けが終わると、さあもう帰れない。

 あ、ここは日本!?

 海外で、前日深夜出発、翌日に落語会、その日のうちに東京へ帰る便があるという体験をしてきた後だけに、あれ、日本国内なのにもう帰れないんだ、と思い直して、頭と体が混乱しました。

 来月の中旬からは、またもや恒例となった、今年7年目になるベトナムのホーチミン・ハノイ公演があります。

 こちらも、今年はミャンマーのヤンゴン公演が加わってハードスケジュール。

 「このスケジュールで各国を渡り歩いてるのを出入国審査官が見たら、ヤクの密売人じゃないかと思われますよね」と高座でしゃべったら、共感の爆笑が起こりました。

 日本中どこでも、世界のどこでも待ってくれている人がいて、終わると笑って帰ってくれる。その笑顔に励まされ、旅の疲れも吹っ飛び、つくづく落語家でよかったなあと思います。

 お客様にとっても、私にとってもわくわくできるらくごのごらく、落語って芸能なんだ、ということを強く再確認しています。

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
# by woody-goody | 2014-02-28 11:52 | 芸能

厄落とし、できた?

d0051179_1503915.jpg
 あけましておめでとうございます。

 今更何を、と思われるでしょうが、今年最初のコラムだし、まだ1月だし、と思いながら書いてしまいました。

 年明けから本日まで、ずっと恒例パルコ1ヶ月公演「志の輔らくご in PARCO」で渋谷に居続けています。

 あと今日を入れて3日になるこの公演も9年目に入り、私は還暦を迎えます。

 厄払いをしなきゃ、と思いつつ、新作落語を作るのに気をとられ、何もせず迎えた初日に、初のトラブルが起こりました。

 今まで1000回を超えるライブをやってきて、こんなことは初めてでした。

 前代未聞。

 まだ、これからライブを見に来る方もいらっしゃるので詳しくは書けないのですが、落語と落語の間に流す映像が出なくなってしまったのです。

 映像なし、音のみの時間が流れたらしい。

 着替えを終えて、2席目に向かおうとしたそのときに、舞台のソデでトラブルを聞かされ、頭がくらくらしました。

 さあ、どうしよう。

 でも、そこは落語のありがたさ。

 お客様にあやまりながら「本当は、ここに映像が流れるはずだったんです。どういうのかと言うと……」と説明しつつ、笑っていただきました。

 落語という芸能のありがたさに、つくづく感謝いたしました。

 もしもフォローできなければ、「あの音は何だったんだろう?」という疑問符がお客様の頭に浮かび続けて、そうなると次の話にも集中できないでしょう。

 スタッフは言いました。

 「このトラブルで、厄落としができましたね」と。

 ものは考えよう。起こってしまったことはしょうがないので、私もそう思うことに。

 今回は、このあと私の体にトラブルが。

 風邪薬を飲み続けていると、高座でぼんやり、耳が聞こえにくくなり、自分との闘いが続きました。

 そんな日々でも、毎日違うお客さんからもらう「笑い」と「気」が、私に元気を注入してくれました。

 アンケートを見ると、下は10歳から上は90歳のおばあちゃんまで、1万人もの方が同じ空間で笑ってくださる。あらためて落語の不思議さ、素晴らしさを実感しました。

 還暦、原点に立ち返り一席でも多く楽しい高座を、と気持ちを新たにした1カ月でした。

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
# by woody-goody | 2014-01-31 15:24 | 芸能

祝!六本木EXシアター

d0051179_1151287.jpg

 今年最後のコラムになりましたが、年末に向けてとてもうれしい気付きがありました。

 毎年、北海道から沖縄まで落語をしていますが、高座に座って明らかにやりやすいホール、やりにくいホールがあるのです。

 その原因はどこにあるんだろう、と考え続けた数十年でした。

 そんな折、先日テレビ朝日が六本木にこしらえた、「EXシアター」のこけら落とし公演に2日間出演。

 プログラムにはビーズ、奥田民生、グレイ、エルビス・コステロ、坂本龍一、細野晴臣、チャーなどなどすごいメンバーの中に『志の輔らくご』が2日間。うっかり見ると、印刷ミスかと思うほどの違和感。

 約1000人収容の完全音楽ホール。天井は筒のように高く抜けて、スタンディングにも対応可能な出入り自由な客席。舞台の間口や奥行きも広く、しゃれたデザイン、できたて独特の何とも言えぬ匂い、さあどんな落語空間ができあがるんだろうと、真新しい楽屋でわくわくしていました。

 ところが、初日は何だか客席との一体感が薄いのです。当然、間合いが狂います。やってて今ひとつ調子が出ない。

 私の体調? 芸の出来の悪さ?

 正直に製作陣にそのことを話し、2日目は客席側にマイクを立ててもらい、モニターからお客様の反応がダイレクトに伝わるようにしてもらいました。

 すると、初日とはまるで違う臨場感が高座の私にも伝わり、いつも以上の盛り上がりの高座に。

 この2日間の違いは何?

 何と打ち上げで、ホールの設計者がじかに私に教えてくれました。

 「私たちは、このホールは大音量のロックミュージックに対応できるように、という注文のもとに設計したため、舞台と客席との良い分離に、一番苦労したんですよ」

 「え?! 良い分離?」

 ようやくわかりました。 簡単に言えば、全国のホールには舞台と客席を一体化させるクラシック音楽タイプと、分断することを目的に設計されたロック音楽タイプがあり、客席の空気が舞台まで上がってこないのは、設計の狙いによる違いが原因だったのです。

 今年最後に落語の神様からもらったプレゼントは、「ホールの音の重要な知識」でした。

 ぜひ来年も「EXシアター」でやろうと思います。

 今回以上に工夫して、よりよき落語空間を目指します。ご期待ください。

 よいお年を!

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
# by woody-goody | 2013-12-20 11:44 | 体験

還暦を迎えて

d0051179_11393348.jpg

 師匠談志が逝って、はや三回忌。

 その師匠が還暦を迎えたとき、弟子たちに言った言葉を思い出します。

 「俺もあと5年だろう。寿命ということもあるが、自分の落語がやれる時間としてという意味でもな」

 それから毎年、一門が勢ぞろいする新年のあいさつでは、「俺もあと3年だろう」「あと2年だな」となっていきました。毎年そんなセリフを聞かされ、なんで毎回わざわざそんなことを言うのだろうと不思議に思っていました。

 そんな私が、あの頃の師匠の年、還暦を迎える事になりました。

 子供の頃、50代の人は爺さん婆さんでありました。

 自分自身が幼い頃、人生終盤だなと思っていた、まさにその年になりました。

 残り時間を確実に意識し始める年、還暦。

 漠然とした焦り、じりじりとしたいら立ちのような感情が湧き起こり、「そうか、師匠はこれと同じような気持ちで、毎年のあのあいさつをしていたのかも」。

 これから先、あと何回高座に上がれるのだろうと考えながら、でも、今晩何をやるのか決めるのが先決だろうよ、と笑ってしまう自分もいて。

 時間を見つけては、いろんな舞台を観て元気をもらったりしていますが、勇気をもらった映画が1本ありました。

 「キューティー&ボクサー」。切ないのに癒やされ、笑わされ、泣かされた映画でした。

 日本で初めてモヒカン刈りにした男、現代芸術家の篠原有司男81歳と、同じく芸術家である妻の乃り子。ニューヨーク在住40年の二人の愛と闘いの記録です。

 英語と日本語が入り交じったドキュメタリー。

 芸術家なのに、タイトルに「ボクサー」と入っているそのわけは、観てのお楽しみです。

 ニューヨークに意気揚々と来たときの映像がフラッシュバックで差し挟まれ、妻の絵とシンクロしていくそのセンスのよさ、カメラワーク、編集、音楽、全てにうなりました。

 途中からドキュメンタリーであることを忘れさせるほどで、映画祭で受賞したというのもうなずけます。

 何気なく二人が口にする言葉が哲学的に聞こえてきます。

 「アートっていうのは悪魔。悪魔にひきずられていくものがあるわけよ」と夫が言えば、妻は「ラブ・イズ・ウォー」と絵に描いていきます。

 観賞し終わった後、なぜか「よし!」とつぶやいている私がいました。

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
# by woody-goody | 2013-12-13 11:40 | 社会

人から人への落語会

d0051179_13242546.jpg

 組織より人のつながりが原動力なんだな、と感じ入った会がありました。

 それは、岩手県北上市にある「さくらホール」が今年10周年を迎えての独演会。

 北上には石を投げれば高橋に当たる、というくらい高橋姓が多いらしいのですが2000年当時、ここにいた高橋氏が何度も東京での私の落語会に訪れ、楽屋に来ては「なんとか私たちのホールで落語会を」と言っていただき、その年の暮れに実現したのでした。

 彼の熱のすごさは、「県庁所在地ではない都市で本気で落語会を広めたいと思うのなら、季節ごとに年4回やるぐらいの気概がないと……」と、つい言ってしまった私の提案通り、見事に春夏秋冬の落語会を成功させたことです。

 ホールは収容人数400人の中ホールだったのですが、あれから13年を経た11月30日は10周年を記念して大ホールで。

 地元北上はもちろん、気仙沼や久慈、陸前高田など被災地各所から何台ものバスを連ねて来てもらおうという企画も実現させ、結果1300人のお客様になりました。

 ロビーは、多くの食べ物やグッズの店でにぎわい、長唄三味線の社中の皆さんがライブ演奏。ハレの気分が満喫できる演出に、遠方から来た方々もさぞや驚かれたことでしょう。

 実は、この日のために1年前から企画制作の指揮を執っていたのは高橋氏の部下の小笠原氏。

 高橋氏は何年も前に市役所に戻り、3年後の「岩手国体」の準備の要になっているそうなのです。

 高橋氏から情熱のバトンを受け継いだ小笠原氏。

 舞台準備の途中、舞台ソデに人影が。

 見ればあの高橋氏が。

 なんとうれしかったことか。

 「今日の全ての原点は『北上に落語を定着させたい』と東京まで何度となく通って、私を12年前に呼んでくれたからだよね。あなたの意思を受け継いだ小笠原君もすごいけど、スピリッツを与えたあなたもすごいよね」と、何年ぶりかで握手を交わしたのでした。

 彼らは公務員です。

 正直、公務員の中にはあまり熱のない人も多く、そのせいか、そのせいでしょう、寒々しい落語会を何度も経験してきました。

 私の新作落語「歓喜の歌」の創作意欲の原点は、役人への糾弾でしたから。

 でもこの日、私ははっきりと再確認したのです。

 情熱は、スピリッツは人から人へ伝わるものだと。もちろんその人を支える多くの人がいることも。

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
# by woody-goody | 2013-12-06 13:22 | 芸能

ジブリ「かぐや姫」

d0051179_112031.jpg


 なんと「かぐや姫」に私が出ています、もちろんこの声で。

 師匠談志が「俺とお前の声とどっちが悪いかねえ」と言ったほどのさわやかな美声(笑)がお役に立つときがくるなんて。しかもそれがジブリの作品だなんて。

 実は私、落語家になる前は広告の世界にいたものですから、二つ目時代はCMのナレーションの仕事で、ずいぶん助けられました。

 映画での声の出演は初めてです。それも斎部秋田(いんべあきた)という役名まで言われて依頼があった時は、本当にうれしかったですね。

 ところが収録現場って、映し出された映像を見ながらセリフを読むものだとばかり思っていたのですが、スタジオに入ってみると私がたった一人。

 しかも、スクリーンを背に、私の前にあるのは私が演じるキャラクターの絵が載った譜面台。

 そこへ、あの高畑監督がいらして、斎部秋田のキャラクターのイメージを説明してくださいます。

 「耳が遠くすっとんきょうな大声で話す秋田で」とリクエストされたセリフは「ああー、かぐや姫のことでございますなー」

 この出だしの「ああー」がうまく出せない。

 監督のイメージ通りにするために何テーク録ったことでしょう。迷惑をおかけしました。

 落語家の場合、すべてのキャラクターを演じるのは自分。その出来にOKを出すのも、NGを出すのも自分。じゃあ今度はこういうふうにやってみようか、と演出するのも自分ですから、誰かにOKを出してもらうために何度も繰り返すというのは、歯がゆいながらもなかなか新鮮で得がたい体験でした。

 「サングラスをしていない黒澤明さん」とでも呼びたいような高畑監督の話し方はとてもソフトなのですが、奥底からOKするまで絶対に帰さないからね、というオーラ、作品に対する並々ならぬ情熱が伝わってきました。

 私の声に合わせて作画の方が絵をつけていくわけですから、監督も安易にOKは出せないのでしょう。

 それにしても近ごろは落語を聴いてくださるお客様が、ずいぶん増えました。

 それは、古典落語には、日本人が失いつつある「けなげで温かい情」が描かれていて、そこに共感したり癒やされたりするからでしょう。

 「かぐや姫」にも随所に共通した情を感じました。ただいまロードショーの真っただ中。

 ぜひ、映画館へ足をお運びくださいませ。

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
# by woody-goody | 2013-11-29 11:21 | 芸能

談志、勘三郎丈、追悼

d0051179_1130406.jpg

 21日が、家元立川談志の命日、三回忌でした。

 そして、今日は弟子やゆかりのある方々が総出の追悼公演「談志まつり」2日目です。

 先週14日は、家元談志と親子のように親しかった中村勘三郎丈の一周忌公演に参加したばかり。

 場所は、長野県のまつもと市民芸術館。

 なぜこの場所なのか、当日の公演パンフレットにプロデューサーでもあり親交の深かった弟弟子談春くんが書いています。あまりの名文、本番前にこれを楽屋で読み、胸がいっぱいになったくらい。

 なのでここにほぼ全文を掲載させていただきます。

 「……眩(まばゆ)いほどの輝きを放った人でした。談志亡き後、芸の上で困ったときは中村屋に教えてもらえばいいと、それで己を安心させられるほど芸の幅と深さを持った人でした。

 私と中村屋の縁はご当地松本が取り持ってくれました。拙著『赤めだか』を中村屋が涙を流して読んでくれたのがこの松本の楽屋。それから私を可愛がってくれました。だからこの会はどうしても東京ではなく松本でやりたかった。亡くなる前年の暮れに奇跡的にスケジュールが合って実現した、さだ、勘三郎、志の輔、談春のゴルフ。それぞれの世界の金看板に刺激という名のご褒美を神様がくれるために引き合わせてくれたと、今となっては思います。さだまさしも立川志の輔も、あなたのためならと駆けつけて来てくれますよ。我々ではフォローしきれないかもしれない歌舞伎役者中村勘三郎の凄さは串田和美さんに教えていただきます。<中略>

 あらかじめお断りしますが、今日は長い会になります。そのための17時開演です。中村屋の思い出を語るだけでなく出演者が、それぞれの表現で中村屋を送ります。だから終演時間が未定です。覚悟してね。

 哲(のり)さん。あえてそう呼ばせてください。今日は出演者だけでなく、この会に関わる人たちとお客様も含めて全ての人であなたにエールを送ります。あなたが、次の世界でも、あなたらしく生きられるために。そしてこの会を好江夫人に捧げます」

 この日は談春と私の高座や飛び入りの鶴瓶師匠の爆笑落語、さだまさしさんの心温まるミニコンサート、さらにこのホールの芸術監督でコクーン歌舞伎の演出家・串田和美さんによる勘三郎秘話の数々、本当に素晴らしい追悼になりました。これを成し得たプロデューサー談春に限りない拍手を送ります。

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
# by woody-goody | 2013-11-22 11:29 | 芸能

「ふるさと」歌えない

d0051179_131463.jpg

 日本列島、各地で落語公演をしていると、これは笑えるか笑えないか? あれはどうか? それは? と地域によって、時期によって、言い方によって、いかに差があるかを毎日肌で感じています。

 同じ人であったにしても、昨日笑えたことが今日は笑えないということだってあります。

 去年に引き続き、今年も民謡歌手の伊藤多喜雄さんと一緒に、岩手県の野田村と、NHK「あまちゃん」の久慈市の2カ所で開かれた「落語会とコンサート」に行ってきました。

 その日は今年一番の冷え込みという日で、早朝の東北新幹線で東京駅から2時間半で二戸駅に到着。そこから1時間半、迎えの車で野田村へ。

 車中から見える穏やかな海、津波に襲われたことがうそのよう。

 がれきもほとんどみかけることなく、きれいな畑が続いていました。

 運転してくれた案内人は津波に襲われた時の状況を話してくれました。

 左に見える三陸鉄道の線路が今走っている車道を越え、右側のはるか向こうまで流され飛ばされたこと。

 久慈市が「あまちゃん」でいかに盛り上がったかも聞きました。

 放送開始の春は1日100人だった観光客が、夏には1000人になり地元の対応がおいつかず「もしあの時期に来ていただいていたら、とても落語会どころじゃなく、移動もままならなかったでしょう」。

 夜は久慈市へ。

 どちらも仮設住宅にお住まいの方々や地元の方々。

 高齢の方々も多くいらっしゃいましたが、膝に毛布をかけ、寒い中を最後まで楽しんでくださいました。

 打ち上げの席では村長さんがおっしゃいました。「やるしかないので復興に向けてがむしゃらです。当初に比べれば村民も明るくなってコンサートでも落語でも芝居でも楽しむ余裕ができてきましたが、まだ『ふるさと』を歌えるまでにはなっていませんね」

 一瞬、話の意味がつかめずよく聞いてみると、素晴らしいコンサートの最後に、歌手が思いを込めて「みんなで『ふるさと』を合唱しましょう。うさぎ追いし彼の山、小鮒釣りし彼の川……、みなさんもご一緒に」と言われてもお客さんは涙が止まらなくなり、歌が声にならないんだそうです。

 少しずつでも確実に復興されてはいるけれど、まだ「ふるさと」を歌うまでには至っていない、この表現がここ被災地の現状を一番的確にとらえているような気がしました。

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
# by woody-goody | 2013-11-15 13:02 | 列島各地

希望的メニュー

d0051179_1071852.jpg

 一昔前の落語家の、代表的な最初の言葉は、「えーー毎度馬鹿馬鹿(ばかばか)しいお笑いを一席」というものでした。

 思うに、以前の世間には真面目な空気が流れ、「息の詰まるような思いの毎日」が続くがゆえに、たまには寄席にでも行って馬鹿馬鹿しい話を聞く。これがストレス発散になっていたのです。

 ところがどうでしょう。言うまでもなく、いや書くまでもなく、日を追うごとに「偽装の告白」や「誤表示の報告」が増え、一つ一つの言い訳がこんなに馬鹿馬鹿しいと、面白すぎて私ら落語家の立場はあがったりです。

 どうしてくれよう。

 こうなると、最初に偽装が見つかり、苦しまぎれに「誤表示」という新語を考え出し、火に油を注ぎ、ついに責任をとって辞職したホテルチェーンの社長などは、「なんだよー。みんなやってるんだったら、あんなに早々に辞めることはなかったなあ」と思ったとしても不思議じゃないぐらいの連鎖反応。

 最初は怒っていた人たちも偽装の経緯を知るにつけ、もう笑うしかない段階にきています。

 発言を要約すると「当初は『手しぼり』していたのですが、あまりに手がかかるので100%ジュースに切り替えました」とか、「初めはちゃんと稲庭うどんを使っていましたが、ゆでるのに時間がかかりすぎると思っている矢先に、『稲庭風うどん』に出会いました」などと、コントみたいな言い訳。また、それを紹介するワイドショーも大上段に振りかぶり過ぎて「芝エビではなくバナメイエビだった。いったい、エビに何が起こっているのでしょうか?」なんて。違いますよ。エビには何も起きてはいませんよ。事件は人間に起きているんですよ。

 そりゃね、ありますよ。タイトルに「爆笑」とついているお笑い番組でも、爆笑できない番組だってありますし、私らの業界でも、「〓○名人会」とついてはいても「出演者全員が名人か」と問われれば、答えに窮しますよ。でも、これは勢いをつけるために「こうあれかし」「こうだったらいいな」という希望的なタイトルだから許されるんですよね。

 だって、芸や笑いは見る人によって感じ方が違いますしね。

 そうか。「希望的メニュー」だったら許せるんですよね。

 でも、メニューが長くなるなあ。

 「お客様、『芝エビだったらいいのに』はいかがですか?」。

**********************************************

 公式サイト「しのすけコム」へ
 毎日新聞へ
 2005年5月以前の記事へ

 青石銘木店へ(このブログの制作者)
※このブログの制作にあたっては立川志の輔事務所(シノフィス)ならびに毎日新聞のご了承を頂いています。
[PR]
# by woody-goody | 2013-11-08 10:03 | 社会


立川志の輔のエッセイ(毎週金曜日毎日新聞に掲載)


by woody-goody

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

社会
列島各地
体験
政治
芸能
休載

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧